『将来の夢』を
アップデートしよう

CAになりたかった頃の自分は
必死に夢を追いかけた

夢を叶えて、空を飛び
たくさんの出会いがあって楽しい仕事

でも、ふとこのままでいいのかな
と立ち止まる

いますぐ辞めたい訳ではないけど
もっと自分の世界を広げたい

制服を着ている時はクルーの一員
だけど、一人の人間として
もっと輝く自分になれるはず

ABOUT

現役客室乗務員のためのオンラインサロン。

社内のキャリアアップの選択肢におさまらず

次なる夢や目標をみつけ、走りつづけたい。

そんなCAが一歩を踏み出す場所です。


Aperta(アペルタ)は、イタリア語で「開放」

「率直な」「オープン」を意味します。

会社や職責の縛りをなくして、客室乗務員の

キャリア可能性をもっと開放していきたい、

という想いから名付けました。

CONTENTS

読書会

経済・ITスキル・ビジネストレンドetc.いまの世の中の動きを読書でアップデート。聴くだけで本の概要がわかる講義型、複数人のメンバーで読み合う参加型の開催を予定。

タニモク

会社の評価の枠を越えて、あんなこともこんなこともできるかもしれない、とグループで他人の目標を考え合う会。自分の選択肢が広がり、お互いに目標を応援しあえる仲間ができます。

スキル共有

英語・PC・投資・動画編集など、会社の研修では教えてくれないビジネススキルをみんなで共有します。希望があれば講師を担当していただき、自己実現の場として活用できます。

イベント

会社の枠を越えた交流会で、同じ目標に向かう仲間づくりや情報共有ができます。東京・大阪・名古屋・福岡などの主要都市で行う予定で、ベースに限らずステイ先でも参加可能です。

キャリア相談

サロンオーナーは元CAで、国家資格キャリアコンサルタント。今後のキャリア目標を設定するためのコンサルティングや、達成に向けたコーチングを受けられます。

And
More…

ARCHIVES

これまでの活動のまとめ

✈ 情報を受ける

LINE登録で最新情報をお届けします

友だち追加
  • LINE参加できること
  • ● 今後のイベント情報
  • ● CAのキャリアに役立つ情報
  • を随時お届けします!

✈ メンバーになる

Slackに参加(無料)

  • 【入会の流れ】
  • ①上記の「Join」からSlackに参加
  • ②Slackの登録(未登録の方)
  • ③まずは自己紹介に書き込み
      
  • メンバーの特典
  • ● イベント参加無料
  • ● イベント過去動画見放題
  • ● サロン内の活動に参加
  • ● Slackコミュニティ招待
  • ● 活動の企画・提案

Q & A

Q

会社や名前がばれないか心配です

A

匿名やニックネームでの参加が可能で、会社名の登録は任意です。LINEの登録であれば、返信をされない限り運営にも参加者が特定できないようになっています。

Q

メンバー登録した場合、会費の支払い方法は?
(現在は無料で運営中です)

A

決済にはPayPalを使用しています。フォームに入力いただいたメールアドレスに、手続き用のURLをお送りします。各種クレジットカードの他、主要銀行からの口座振込も可能です。詳しくは こちらをご覧ください。

Q

毎月の決済はどのように行われますか?

A

最初にPayPalで決済された日の、毎月同日に自動で引き落としされます。

Q

退会したい時の手続きについて教えて下さい

A

月の決済日の5日前までに、info@salon-aperta.comまで①お名前②退会希望の旨をお送りください。

Owner

西 一恵 Kazue Nishi

【基本情報】
キャリアコンサルタント・個人事業主
【活動内容】
・20代~30代のキャリア相談
・大学でのキャリアカウンセリング
・企業の採用業務のお手伝い
・英語教育事業のお手伝いなど
【ストーリー】
・1984年生まれ佐賀県出身。
・大学卒業後、航空会社の予約センター勤務を経て、2008年〜2017年伊丹空港をベースに国内線の客室乗務。
・後輩の育成やチームの運営、ANA Virtual Hollywoodでプロジェクト運営、海外出張を経験
・2017年にコーチングで英語力を伸ばすベンチャー企業に転職。
・校舎マネージャーなどを担当し社員数10名→100名を超える企業になるまでの成長に貢献。
・新規事業である人材紹介事業の立ち上げに関わり、ビジネスパーソンのキャリアの悩みをヒアリングする。
・2020年1月にフリーランスとして独立し、3ヶ月で約150名の20代〜30代のキャリア相談に乗る。
航空会社を離れてからも、客室乗務員職のキャリアの悩みを聞くことがあり、会社外で学びや挑戦をする場を作り、それぞれの自分らしい働き方を見つけることを目的にオンラインサロンの計画に至る。